2009年09月28日

美山プリン

今日は、昨日行った、道の駅「京都新光悦村」で買ってきた
「美山プリン」を食べました。

昨日は、姉妹品?の「美山牛乳プリン」を食べています。
(昨日の記事です。⇒「美山牛乳プリン」)

miyamapurin-01.JPG

shinkouetumura.JPG

京都府南丹市にある、道の駅・京都新光悦村です。

miyamapurin-02.JPG

値段は、昨日食べた「美山牛乳プリン」と比べて少し高くて、
250円ぐらいだったと思います。

甘さが控えめで、美味しいプリンだと思ったのですが、
娘に取られてしまって、少ししか食べることができませんでした。

もう少し食べたかったのですが、たしかに美味しかったと思います。


「道の駅 新光悦村」
京都府南丹市園部町曽我谷縄手15番地3
T E L : 0771-68-1100
      0771-68-1101
開設時間 : 9:00〜18:00
休館日 / 
月曜日(祝日の場合は営業)

タグ:美山プリン
posted by polo24 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹・京丹波エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月27日

美山牛乳プリン

今日は、「美山牛乳プリン」を食べました。

miyama-purin-01.JPG

お墓参りに京都府の南丹市に行き、
その帰りに道の駅「京都新光悦村」に寄った時に買ったものです。

shinkouetsu-01.JPG

南丹市の道の駅「京都新光悦村」です。
のんびり、のどかな、良い〜ところです。
なぜか、信楽焼のたぬきがいますね。

アクセスは、京都縦貫自動車道「園部インター」の近くです。
(国道9号線を京都方面から行くと、
スーパーマツモト「新そのべ店」に行く交差点を右折し、
しばらくまっすぐ行くと、右手にあります。)

kouetu-tokusan-01.JPG

kouetu-tokusan-02.JPG

nantanshi-tokusanhin.JPG

中に入ると、京丹波地域や南丹市の特産品やお土産が置かれています。
見ていると、結構色んな種類がありますね〜

miyamagyuunyuu-ko-na-.JPG

その中の、入って左側の一角に、美山牛乳のコーナーがありました。

purin.JPG

「美山牛乳」と、
「美山プリン」「美山牛乳プリン」の2種類のプリンがあります。

どちらのプリンも名前の通り、
京都府南丹市の美山町産の生乳が使用されたプリンのようです。

なんかパッケージが飾り気がなく素朴な感じで、いいなと思い、
「美山プリン」と「美山牛乳プリン」を一つづつ買ってみました。
(「美山牛乳」は、牛乳があまり好きでないので買いませんでした。)


家に持って帰って、
今日は、「美山牛乳プリン」を食べてみました。

miyama-purin-02.JPG

牛乳の味と砂糖の優しい甘さという感じの、
パッケージ通りの、素朴でシンプルな味です。

美味しいですね〜


「美山プリン」の方は、明日食べたいと思います。


「道の駅 新光悦村」
京都府南丹市園部町曽我谷縄手15番地3
T E L : 0771-68-1100
      0771-68-1101
開設時間 : 9:00〜18:00
休館日 / 月曜日(祝日の場合は営業)

posted by polo24 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹・京丹波エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月12日

あぶり餅「一和(一文字屋和助)」

今宮神社(京都市北区)の名物、「あぶり餅」を食べてきました。

aburimochi-01.JPG

この「あぶり餅」は、「一和」という店と、
「かざりや」という店が向かいどうしになっていて、
どちらでも食べれるんです。

以前、妻と「かざりや」であぶり餅を食べたことがあり、
その味を妻がとても気に入って覚えていて、
(僕は、残念ながら味をあまり覚えていませんでした。)
「また行こう」と時々言うのですが、なかなか行く機会がなく、
やっと、数年ぶりに、今度は娘も連れて行ってきました。

ichiwa-mae.JPG

今度は、「一和」という店にしました。

ichiwanonaka.JPG

ichiwa-aburimochi.JPG

店の中が、昔の祖母の家を思い出すような雰囲気で、
風通しが良く、心地よかったです。

aburimochi-appu.JPG

早速、食べてみたのですが、思っていた以上に美味しい!

一口大の餅が、こげ目が付くように焼かれていて、
餅にきな粉がついていて?、
甘い味噌風味のたれがかかっているようです。

これは、かなりの数、いけそうな感じです。
娘(4歳)も気に入ったようで、ぱくぱく食べていました。


最後の一本を、家族でじゃんけんするほどの
美味しさでした。



「あぶり餅 一和」
住所   京都市北区紫野今宮町69
電話   075−492−6852 
営業時間 10〜17時 
定休日  水曜日

posted by polo24 at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都市内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月04日

チンギアーレ(楽々荘)

「チンギアーレ」に行ってきました。

2009082912460000.JPG

チンギアーレは、京都府亀岡市にあるイタリアンレストランで、
「楽々荘」という料理旅館の中にあります。
上の写真は、「楽々荘」の玄関?です。

場所は、JR亀岡駅の前の道路を亀岡郵便局の方に進み、
一つ目の信号のある交差点を少し過ぎると、左手にあります。

この日は、妻の誕生日ということで、家族でランチに行ってきました。

2009082912460001.JPG

玄関を通って、林の中のような道を歩きます。

rakurakusou-niwa.JPG

すると、広い庭園が出てきます。

2009082912470002.JPG

rakurakusou-ranchi.JPG

庭を通って、建物の中に入って少しいくと、
イタリアンレストラン「チンギアーレ」にたどり着きます。


「楽々荘」は、
およそ100年前(明治時代)に建てられた由緒ある建物で、
国の有形文化財にも登録されているんだそうです。

敷地内の広い庭園では、
夏はビアガーデンも営業されているそうです。

rakurakusou-niwa-hi.JPG


chingia-re-01.JPG

「チンギアーレ」で、ランチコースをいただきました。
(メニューは、月毎に決まっているみたいです。)

この日は運良く、角の窓側の席に座ることができ、
落ち着ける席で、庭園を横に見ながら食事することができ、
良かったです。


chingia-re-02.JPG

プチトマトとモッツァレラチーズの前菜と、鱧(はも)の前菜でした。
チーズが苦手なので、娘に食べてもらいました。
娘が美味しそうに食べていました。
鱧の料理は、美味しく頂きました。

chingia-re-pasuta.JPG

オクラとイカとネギのパスタでした。
ネギの風味が美味しかったです。


メインは、魚料理か肉料理かのどちらかを選ぶのですが、
妻は肉が好きなので肉を、僕は魚を、一つづつ選びました。

前菜からパスタ料理までは、期待していたというのもあって、
期待を上回るという感じではなかったのですが、
メイン料理は、期待を超える美味しさ!でした。

chingia-re-sakana.JPG

魚は、鯛を焼いたものに
サフランソースがかかった料理だったのですが、
鯛が鱗(ウロコ)まで食べられるように焼いてあり(松笠焼き?)、
口の中で磯っぽい香ばしい香りが広がるんです。

chingia-re-niku.JPG

妻が選んだお肉の料理も少しもらって食べました。
豚の肩ロースのステーキだったと思うのですが、
柔らかいんだけど、絶妙な豚肉の食感があり、
味もすごく美味しかったです。

chingia-re-desert.JPG

デザートの盛り合わせ。

ワインソース?がかかったチーズの入ったムースがあり、
(苦手なので)こちらは妻に食べてもらいました。
「おいしい〜!」と言っていました。

メロンは、娘の大好物なのであげました。

僕はレモン?のシャーベットを食べたのですが、
かなり強めの酸味がサッパリと美味しかったです。

chingia-re-drink.JPG

飲み物は、好きなエスプレッソがあったので、それを。


やっぱり、メイン料理の美味しさが一番印象的でした。
あと、お皿やコーヒーカップなどの食器も印象に残りました。

今回は妻の希望でランチにしたので、予算的に助かりました。
(ちなみに、3675円のランチコースです。)


今度は、また特別な日にディナーに行けたらいいですね。


「楽々荘、チンギアーレ」 
住所     京都府亀岡市北町44番地
電話     0771-22-0808 
ファックス  0771-22-0809

posted by polo24 at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(2) | 亀岡市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。